2019年5月17日金曜日

5月17日

2016年「国境なき記者団」の発表によると、
日本は報道の自由度ランキングで世界180国中、72位だという。
現在はどうなっているか。自由度ランキングがアップしたとは到底考えられない。
そんな日々で、カメラを手に「ひと」を、「いのち」を見つめ続ける豊田直巳さん。
海外でも何度も作品の展示をされて、数々の賞賛や共感の声が。

2011年3月11日からの日々を、その作品とお話を通して、
ご一緒に辿ってみよう。
そしていま、わたしたちひとりひとりはどこに立っているかを。
何が変わったのか。何か変わらないままなのか。
何を記憶に刻み、何を忘れさせようとする流れに任せたままなのか。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2019年5月19日(日)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)
第106回 「福島で奪われているもの」

2019年5月16日木曜日

5月16日

昨秋、フォトジャーナリスト豊田直巳さんが撮った一枚の写真が、
写真展が開催される2週間前に、展示から外すという「事件」が
起きたことは、報道でご存知のかたも多いはずだ。
なぜ、そんなことが起きたのか。結果的にはその一枚の写真も
含めて無事、写真展は開催されたが……。
言論・出版・その他一切の表現の自由は、憲法でも当然保障されて
いるはずだが。
ここ数年、あなたが覚える息苦しさとは?
パレスチナをはじめ、さまざまな紛争地をめぐり、東日本大震災、そして
原発の過酷事故の翌日から福島の現地に入った豊田さんが見たもの、
聞いた声、触れたもの、そしてそのカメラに記録されたものとは!!!
ご一緒に考えましょう。




原発とエネルギーを考える朝の教室
2019年5月19日(日)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)
第106回 「福島で奪われているもの」

2019年2月13日水曜日

2月13日

「こんにちは、僕、憲法です」
と、コメディアンの松元ヒロさんご自身が
憲法の立場になって話をする「憲法くん」。
「僕のことを『時代に合わない』とか言って、
『整形手術』をしようなんて考える人たちが
いるんですよ。ちょっと待ってください。
僕のこと、本当に変えていいんですか?
僕はみなさんの理想だったんじゃないですか?」

通常国会での与野党のやりとりを聞いていても、
絶望的な気分になるが、絶望するには早すぎる!
隠蔽、改竄、上滑りな言葉ばかりが飛び交うが、
「笑い」が社会から消えたら、終わりだ。

テレビには出ない松元ヒロさん。ということは
危なくて、テレビは使わないということでもあるのだが、
もともと笑いとは権力を笑いのめすものであったはず。
笑いまで「アンダーコントロール」されたら、わたしたちは
息ができなくなる。
2月15日松本ヒロさんの独演会。
お席は残り僅かです。



「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」
100回特別公演

松元ヒロさんソロライブ 『笑ってchange!2019春』

2019年2月15日(金)
19:00開場 19:30開演 20:30終演 
【場所】東京ウィメンズプラザホール
前売り券はこちらから


100回記念を終えて、3月はいつも通りの「朝の教室」



原発とエネルギーを考える朝の教室
2019年3月24日(日)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

第104回 相澤冬樹さん(大阪日日新聞論説委員)

2019年2月6日水曜日

2月6日

三寒四温の季節。 
 
「サンカンシオンって、フランス語の 
響きに似てるね」 
 
ずっと昔、言ったひとがいる。 
東京を離れる日が続いていて、どこで手渡されたかは 
失念にしてしまったが、「反戦川柳句集」(レイバーネット日本川柳班) 
という小冊子が手元にある。 
 
「戦争したくない」を贈ります、と白い表紙には記され、 
反戦の「反」の字はやや渋めの若草色、「戦」は濃い目のピンクで印刷されている。 
川柳は、それが誕生した頃から、声の小さな市民の思いを代弁してきたはずだ。 
 
その中に次のような作品を見つけた。 
 
……国縛る縄をほどいて民縛る     笑い茸 
 
……いまこのへん昭和年表にらめっこ  一志 
 
わたしたちはいま、「どのへん」にいるのか。 
遠くなった昭和の、1930年代の年表と重ならないかと 
ため息をつく。しかし、ため息をついているだけでは 
「かつて」の繰り返しに歯止めをかけることはできない。 
 
2019年2月15日(金)19:00開場19:30開演、 
クレヨンハウス「朝の教室」100回記念の松元ヒロさんのライブ。 
直球、ナックル、川柳的笑いもふんだんにあるライブ。 
お待ちしております。 
 


「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」
100回特別公演

松元ヒロさんソロライブ 『笑ってchange!2019春』

2019年2月15日(金)
19:00開場 19:30開演 20:30終演 
【場所】東京ウィメンズプラザホール
前売り券はこちらから

2019年2月1日金曜日

2月1日

光は明るいけれど、風はまだ冷たい如月一日。
ご無沙汰しております。

私たちの社会は、「忘れさせていくシステム」にみちみちている……。
東日本大震災、福島第一原発の過酷事故の直後、
「諦めない、後ずさりしない、けれど焦らない」を合言葉に
クレヨンハウス「朝の教室」はスタートしました。

あれから間もなく8年目。

日々の忙しさや生き辛さ、降り積もる疲労は、「忘れさせていくシステム」へ、と私たちの背を押します。
熱心に毎回受講された方々の中からも、私の知る限り2人の方がすでに亡くなっています。講師の方々の中からも。

だからこそ余計、「諦められない、後ずさりできない、けれど焦らない」です。
原発はもとより、沖縄も憲法も、疑義を抱く市民の声は、政権には届いていないようです。
抗うこともまた一市民の誇りです。 

100回記念の、松元ヒロさんのライブは、つい刻まれそうな眉の間のタテジワを消す「美容効果」もあります。是非!



「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」
100回特別公演

松元ヒロさんソロライブ 『笑ってchange!2019春』

2019年2月15日(金)
19:00開場 19:30開演 20:30終演 
【場所】東京ウィメンズプラザホール
前売り券はこちらから