2016年8月24日水曜日

8月24日

21日、むのたけじさんんが亡くなった。
午前1時過ぎの、息子さんの大策さんからのメールで訃報に接した。
クレヨンハウスでも何度か講演をしていただいた。
一度目の講演は、雪の日でご子息とご一緒に
前日から東京のホテルに泊まっていただいた。
「夏の学校」でも、腕をぐるぐる振り回しながら
元気と勇気の出るご講演をしてくださった。
終戦のあの日に、当時勤務されていた朝日新聞を退職。
郷里の秋田に帰られて、自らの思想に基づかれた
タブーなき週刊新聞「たいまつ」を23年間出し続けられた。
初夏に入院されたとうかがい、お見舞いに。
ベッドから降りて、車椅子で待っていてくださった。

見事な著書がおありだが、クレヨンハウスからは
ブックレット『人類の新しい夜明けを―原発と戦争、大人の責任から考える―』を
刊行させていただいた。
ゲラに何度も加筆修正されたそれは、むのたけじさんの
独特の口調と、声音が甦ってくるような、素晴らしい講演集だ。

……絶望のど真ん中にこそ 希望は生まれる。
……諦めることを諦めること。
 それこそが新しい夜明けへの第一歩である……。

ひとつひとつの言葉と、その背景にある揺ぎない思想を
再度、わたしたちは自らに引き寄せ、受け継いでいきたい。

9月24日(土)に、有志たちでのお別れ会を予定している。
会場が決まったら、このブログでお報せします。

------------------------------------------------------
第74回 原発とエネルギーを学ぶ朝の教室
古賀茂明さん(元経産省職員、フォーラム4、古賀茂明政策ラボ代表)
日時:2016年8月27日(土)9:00~10:30 
場所:クレヨンハウス 東京店B1 レストラン「広場」

>>詳しくはこちらからご覧いただけます

2016年8月17日水曜日

8月16日

参議院選が終われば(東京は知事選もあったが)、リオ五輪が。
ニュースの大半はそれに占められている。

沖縄、東村やんばる高江ではヘリパッドを推進する国側と、
住民との対峙が続いている。
一昨日だったかの沖縄タイムスは、
米国の市民団体「VFP、ベテランズ・フォー・ピース」(退役軍人の平和団体)が開催した
総会での決議案について報道している。
詳しくは、ネットで見ていただきたい。

この総会でVFPは、高江周辺のヘリパッド建設工事の中止を求める決議案と、
辺野古新基地建設中止、すべてのオスプレイの撤収を求める決議案を採択、
と報道されている。
VFPの琉球沖縄国際支部は、参院選の翌日に800人の機動隊員が動員され、
抗議をした住民たちが排除されたことに対して、「反民主主義的、差別的な行為」と非難。
米政府に計画の放棄を日本側に伝達するよう要請したと報道されている。

アメリカ合衆国の市民団体が動いたから、ではない。
この国に暮らす「わたし」たち自身が問われているのだ。
在日の米軍基地の74パーセントが沖縄に集中し、
さまざまな犠牲を強いられていることを、
わたしたちは「他人事」としていいのか。

一方、愛媛県の四国電力伊方原発3号機が再稼働を始めた。
発電再開を控えたまさにその時、
伊予灘を震源とするマグニチュード4・3の地震が発生した。
この5年近く、わたしたちは原発なしで暮らしてきた。
冷蔵庫もクーラーも当然止まってはいない。
そのことを改めて考えたい。

どの新聞に掲載されていたかは忘れたが、
原発の近くで農業をされている男性のことばが心に響く。
「人のいのちに代わるものはない」。
シンプルにして、人として根源的なことばだ。
 

>原発とエネルギーを考える「朝の教室」
第74回の講師は古賀茂明さん
(元経産省職員、フォーラム4、古賀茂明政策ラボ代表)

2016年8月15日月曜日

8月15日

71回目の終戦の日。
わたしが民放のラジオ局に勤務していた頃、
詩人の川崎 洋さんとご一緒に仕事をすることが
何度もあった。穏やかなかただった。
その川崎さんに「抹殺」というタイトルの作品が
あることを知ったのは、川崎さんが亡くなってからのこと。
お元気な頃、詩作品の背景についても丁寧に
お話しいただいたのだが、この「抹殺」についてだけは、
なぜかうかがう機会がなかった。

71回目の終戦の日。
川崎 洋さんの詩を改めてご紹介したい。


「抹殺」

両親がいて
わたしは生まれた
それは祖父母がいてのこと
さらには曾祖父母がいてのこと
そうやって十代さかのぼると
両親を始めとする先祖の総計は
一〇二四人となる
この中の一人が欠けても
今のわたしはいなかった
戦争は
「この中の一人」を殺す
いや一人だけではない
未来の数え切れないいのちを
抹殺する 




終戦の日、こころ静かに読まれんことを。



原発とエネルギーを学ぶ朝の教室 第74回
~Morning study of Silent Spring~
「権力の暴走を止める」
古賀茂明さん(元経産省職員、フォーラム4、古賀茂明政策ラボ代表)
2016年8月27日(土)9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」
>詳細はこちら

2016年7月22日金曜日

7月22日

沖縄本島の北部に広がる、緑豊かな亜熱帯の森や林。
「やんばる高江」に米軍のヘリパッド(オスプレイパッドと呼んでもいいだろう)の建設が
進められようとしている。

住民や支援するひとたちの座り込みが続いている。
参議院選挙が終わった途端、政権与党は掌を返し。沖縄県を再提訴すると発表。
そうするであろうことは予想できたが、あまりにも、ひとをひととも思わぬ
やりかたではないか。

参院選では現職の大臣が負けているのだ。
日本政府VS沖縄県? 沖縄は日本ではないのか? 
市民の安全な暮らしなど、どうでもいいのか?
沖縄にしても福島にしても、この「犠牲の構図」を、わたしたちは看過しては
ならないはず。
ひと握りの支配層が、そこに暮らす人々に絶え間ない忍従を強いる構図は、
形を変えて、いろいろある。
それを見過ごすことは、犠牲の構図を認めることだ。

明日の「朝の教室」の講師は、沖縄選出の参議院議員糸数慶子さん。
沖縄の「いま」を聴こう!

2016年7月20日水曜日

7月20日

ヤンバルクイナも棲む沖縄、やんばる東村 高江。
沖縄県の北部の緑したたる美しいところだそうですが、
この高江に米軍のヘリパッド、ヘリコプターの着陸の場を
作るという話があったのは2007年頃だったでしょうか。
それもヘリパッドを6つも!
住民100数十人が暮らす高江、
真横には米軍の訓練センターもあり、ヘリパッドが増設されたら、
当然、あのオスプレイも離着陸するはず。
工事現場の入口で住民はおよそ9年間も、話し合いと抗議が続けていますが、
この参院選後、さらに状況は酷いことになっていきます。

今週土曜、23日の「朝の教室」の講師に、沖縄選出の糸数慶子議員をお迎えします。
遠くの話ではなく、わたしたちが問われているテーマでもあります。
是非、ご参加を!

>原発とエネルギーを考える「朝の教室」

2016年6月24日金曜日

6月24日

一日中、小雨模様の金曜日。
東京電力福島第一原発の過酷事故を体験した結果、
新しくできた原則「40年廃炉」を反故にして、
原子力規制委員会は、
高浜原発1,2号機に関して延長を認めた。
原則なし崩しが、今後も続くのではないかと不安だ。
小雨に濡れたアガパンサスの薄い紫の花を見ながら、
無念さを噛みしめる。なぜか一本だけ咲いているのだ。

明日の「朝の教室」、講師は飯田哲也さん。このところ、
改憲をはじめとした勉強会が多かったが、
久しぶりに原発そのものをテーマとした教室。
もっとも改憲も安保関連法制(人呼んで戦争法)も、
基地問題もTPPも、
すべて市民の「いのち、から」考えれば、
自ずと「NO」という答えが出るはず。
メディア、特にテレビは、
すでに誰が都知事候補になるかをエンタメ風に報じている。
その前に参院選が。
この選挙は民主主義、立憲主義を問われている選挙、
であるはずだ。

2016年6月22日水曜日

6月22日

ものすごい勢いで日々が
滑り落ちていく。
疑惑は疑惑として残されたまま、
都知事は辞職。
なんだよ! 都議会もだらしない。

粘りに粘っていた前都知事の急転直下の辞職。
裏取引があった、という噂があるが、
たぶんそうだろうな、と思わせてしまうところが、
政治が抱え込んだ闇そのものといえるだろう。

選挙権年齢が18歳以上となったが、
参院選を前にして、「政治ってどうせこんなもんなんだよな」
と思わせたら、ほんとに恥ずかしい。

今週土曜の恒例「朝の教室」。講師は飯田哲也さん。
反原発についての理論を早くから展開されて、
山口県の知事選でも善戦された。
折も折、原子力規制委員会によって
「40年廃炉」の原則がなし崩しにされて
40年を越えた高浜原発にGOサインが。
どこまで反故が重なる政権であり、原子力村なのか。
そんなお話もお聞きしたいと考えています。

--------------------
●原発とエネルギーを学ぶ朝の教室  第72回
2016年6月25日(土)9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

 飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所所長)「電力自由化を生かすには?」

・参加費/1,000円(税込)
・申込/お電話またはメールでご予約ください。
・電話/03-3406-6465 (ミズ・クレヨンハウス 11:00~19:00)
 email/josei@crayonhouse.co.jp
--------------------