2019年2月13日水曜日

2月13日

「こんにちは、僕、憲法です」
と、コメディアンの松元ヒロさんご自身が
憲法の立場になって話をする「憲法くん」。
「僕のことを『時代に合わない』とか言って、
『整形手術』をしようなんて考える人たちが
いるんですよ。ちょっと待ってください。
僕のこと、本当に変えていいんですか?
僕はみなさんの理想だったんじゃないですか?」

通常国会での与野党のやりとりを聞いていても、
絶望的な気分になるが、絶望するには早すぎる!
隠蔽、改竄、上滑りな言葉ばかりが飛び交うが、
「笑い」が社会から消えたら、終わりだ。

テレビには出ない松元ヒロさん。ということは
危なくて、テレビは使わないということでもあるのだが、
もともと笑いとは権力を笑いのめすものであったはず。
笑いまで「アンダーコントロール」されたら、わたしたちは
息ができなくなる。
2月15日松本ヒロさんの独演会。
お席は残り僅かです。



「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」
100回特別公演

松元ヒロさんソロライブ 『笑ってchange!2019春』

2019年2月15日(金)
19:00開場 19:30開演 20:30終演 
【場所】東京ウィメンズプラザホール
前売り券はこちらから


100回記念を終えて、3月はいつも通りの「朝の教室」



原発とエネルギーを考える朝の教室
2019年3月24日(日)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

第104回 相澤冬樹さん(大阪日日新聞論説委員)

2019年2月6日水曜日

2月6日

三寒四温の季節。 
 
「サンカンシオンって、フランス語の 
響きに似てるね」 
 
ずっと昔、言ったひとがいる。 
東京を離れる日が続いていて、どこで手渡されたかは 
失念にしてしまったが、「反戦川柳句集」(レイバーネット日本川柳班) 
という小冊子が手元にある。 
 
「戦争したくない」を贈ります、と白い表紙には記され、 
反戦の「反」の字はやや渋めの若草色、「戦」は濃い目のピンクで印刷されている。 
川柳は、それが誕生した頃から、声の小さな市民の思いを代弁してきたはずだ。 
 
その中に次のような作品を見つけた。 
 
……国縛る縄をほどいて民縛る     笑い茸 
 
……いまこのへん昭和年表にらめっこ  一志 
 
わたしたちはいま、「どのへん」にいるのか。 
遠くなった昭和の、1930年代の年表と重ならないかと 
ため息をつく。しかし、ため息をついているだけでは 
「かつて」の繰り返しに歯止めをかけることはできない。 
 
2019年2月15日(金)19:00開場19:30開演、 
クレヨンハウス「朝の教室」100回記念の松元ヒロさんのライブ。 
直球、ナックル、川柳的笑いもふんだんにあるライブ。 
お待ちしております。 
 


「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」
100回特別公演

松元ヒロさんソロライブ 『笑ってchange!2019春』

2019年2月15日(金)
19:00開場 19:30開演 20:30終演 
【場所】東京ウィメンズプラザホール
前売り券はこちらから

2019年2月1日金曜日

2月1日

光は明るいけれど、風はまだ冷たい如月一日。
ご無沙汰しております。

私たちの社会は、「忘れさせていくシステム」にみちみちている……。
東日本大震災、福島第一原発の過酷事故の直後、
「諦めない、後ずさりしない、けれど焦らない」を合言葉に
クレヨンハウス「朝の教室」はスタートしました。

あれから間もなく8年目。

日々の忙しさや生き辛さ、降り積もる疲労は、「忘れさせていくシステム」へ、と私たちの背を押します。
熱心に毎回受講された方々の中からも、私の知る限り2人の方がすでに亡くなっています。講師の方々の中からも。

だからこそ余計、「諦められない、後ずさりできない、けれど焦らない」です。
原発はもとより、沖縄も憲法も、疑義を抱く市民の声は、政権には届いていないようです。
抗うこともまた一市民の誇りです。 

100回記念の、松元ヒロさんのライブは、つい刻まれそうな眉の間のタテジワを消す「美容効果」もあります。是非!



「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」
100回特別公演

松元ヒロさんソロライブ 『笑ってchange!2019春』

2019年2月15日(金)
19:00開場 19:30開演 20:30終演 
【場所】東京ウィメンズプラザホール
前売り券はこちらから

2018年5月10日木曜日

5月10日

ちょっと暑くはないか?と重ね着をして家を出たのだが、それがちょうどいい。 数回光が射したことがあったが、小雨がちな肌寒い一日。
おかげで、そろそろ終わりと思えた春の花がまだ咲いていてくれる。
少々乱れた感じもまた素敵だ。

雨に溶けてしまいそうなカンパニュラの薄紫も、宿根草のマルバの濃い紫も、シャスターデージーの輪郭がはっきりとした白い花も、みんな元気だ。

「今朝はストーブ、つけちゃった」
クレヨンハウスのアウトテリアで、そんな声を聞く5月のはじめ。

……今は世の中がどんどん右寄りになっている。僕を超えて
時代の方が右になっていく。僕は変わってないのに、
「こいつは左だ」「もう右翼じゃない」と言われることが多い。この変化は何なのか……。

昨秋刊行されたご著書『言論の覚悟 脱右翼編』で、著者である鈴木邦男さんは記しておられる。
雑誌『創』に連載されていた当時時々ではあったけれど拝読していたが、「あとがき」で鈴木さんは次のように呼びかけておられる。

……もう社会運動の時代ではない、デモなんて古いと思える人。いや、そう思わされている人。そんなことはない。また、これから始まるのだ。そう言いたい。自分一人が立ち上がっても何にもならない、やることがないと思っている若い人へ。そんなことはない……。

ふっとため息がつきたくなる朝。出掛けに拾い読みをしている
わたしがいる。




原発とエネルギーを考える朝の教室
2018年5月12日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

鈴木邦男さん(政治活動家、元「一水会」顧問)
第94回 「憂国を希望に変える」

2018年5月9日水曜日

5月9日

過日、テレビのニュースを前に胸を熱くした。
韓国と北朝鮮のツートップの会談。
韓国の文在寅大統領は次のように言った。

……ここ板門店は、分断の象徴ではなく、
平和の象徴となった。

皮相な見方もあるが、かくも長き分断の歴史を
考えると、やはり胸が熱くなる。わたしたち市民は
見守るしかないのだが。これが分断を超えて、平和の
はじめの一歩であれ、と。

この流れを鈴木邦男さんなら、どうおっしゃるだろう。
ぜひ、お聞きしたい。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2018年5月12日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

鈴木邦男さん(政治活動家、元「一水会」顧問)
第94回 「憂国を希望に変える」

5月8日

‥‥これは自分が書くしかないとな、とおもった。
使命感というか、責任感も感じた。
私が適任かどうかは分からない。しかし、
自分が体験したことを、考えたことを書いておこうと思ったのだ。

鈴木邦男さんのご著書「憲法が危ない」の書き出しである。
帯には、次のようなコピーが記されている。
‥‥改憲運動に半生を捧げた理論派右翼は、なぜ今、異議を申し立てるのか?‥‥
わたしも是非お聞きしたい。
まえがきで、鈴木さんはさらにこう記される。

‥‥熱心な改憲派の私が、なぜ、疑問を持つようになったのか。
なぜ、今の「憲法改正 」に危うさを感じるのか。
これは、実際に、「憲法改正」運動を命がけでやってきたから分かったことだ。
一人一人の人間がいて、その人々が自由に、平和に暮らせるように
憲法があるのだ。その点が忘れられ、「強い国家」「強い憲法」ばかりが
望まれているような気がする。その嵐はさらに大きくなっている‥‥

今週土曜日は、鈴木邦男さんを講師にお迎えする朝の教室。




原発とエネルギーを考える朝の教室
2018年5月12日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

鈴木邦男さん(政治活動家、元「一水会」顧問)
第94回 「憂国を希望に変える」

2018年5月7日月曜日

5月7日

人は、いつ、どこで、どのようにして自分自身となるのか。
そして、いつ、どのようにして今まで在った自身を乗り越えて行くのか。
他者に対しても、また自身に対しても、その問いがいつも心には在る。
個人を可能な限り個人として捉えたいと願う時、それは尽きせぬテーマであり、
欲求でもある。 特に、ある時から、思想を「変えた」ように思える人に対しては。
「変えた」と思えるのは、見る側が深く等身大で見ていなかった証ではないか。
そんな反省も含めて、問いの向こうに見える朧な答えを追い続けるわたしがいる。
「元」がつくのだが、かつて「右翼」と言われた一水会を組織されてきた
鈴木邦男さん。
ここ七、八年特に、彼の言動が気になって仕方が無い。ご著書も読んできた。
「失敗の愛国心」、「これからどこへ向かうのか」、「〈愛国心〉に気をつけろ!
などタイトルを追っただけでは、「どっちのひと?」。
こういう分け方自体、実は極めて雑な引き出しへの入れ方なのだが。
5月の朝の教室は、一水会元最高顧問、「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える
国際ネットワーク」共同代表、
評論家でもあり著述業でのある鈴木邦男さんを講師にお迎えする。
ぜひご参加を。
5月12日( 土)朝9時から。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2018年5月12日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

鈴木邦男さん(政治活動家、元「一水会」顧問)
第94回 「憂国を希望に変える」