2016年11月18日金曜日

11月18日

日差しが嬉しい金曜日です。
明日19日土曜日の「朝の教室」。
講師の白井 聡さんは、石橋湛山賞等を受賞された、
話題の一冊『永続敗戦論』のエピローグで、
次のようにガンジーの言葉を引用されています。

……あなたのすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられない
ようにするためである。(ガンジー)

3.11以降、白井 聡さんは「この言葉」に支えられてきたと記しておられる。
「この言葉を実践している有名無名の少なからざる人々の姿は、私に勇気をあたえてくれる。
『侮辱の中に生きる』ことは、『世界によって自分が変えられる』ことに他ならない。
私はそのような『変革』を断固として拒絶する」

心より同感!だ。
最後に白井さんは書いておられる。
「私が本書を読む人々に何かを求めることが許されるとすれば、それは、
このような『拒絶』を共にすることへの誘いを投げ掛けることであるに違いない」

白井さんから投げかけられる言葉に、むろんガンジーの言葉に、
応えようではないか。

 

----------
原発とエネルギーを学ぶ朝の教室
第76回 白井 聰さん(政治学者)
 2016年11月19日(土)9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」 
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/Morningstudy.aspx

----------

2016年11月16日水曜日

11月16日

なんだかどんよりとした天気の水曜日。
気分もどんより風。
アメリカ合衆国の次期大統領はかのひとに。
現大統領が存在するのに、
現政府は早速ドナルド・トランプ詣でか。
DIGNITY不足が恥ずかしい。
それにトランプは、選挙戦の時にはTPP反対と言っていた、
前のめりに決定していいのか?
多くの反対を蹴散らしながら。

さらに15日には「駆けつけ警護」の閣議決定。
現地の治安情勢が悪化しているのにも関わらず……!
納得のいかないことばかり。

今週土曜日の「朝の教室」、
講師は話題の著書を次々に上梓されている白井 聡さん。
ご著書の一冊『戦後政治を終わらせる』(NHK出版)の帯には
次のような言葉が並ぶ。
……対米従属から新安保法制、反知性主義、右傾化まで……
真の「戦後レジームからの脱却」とは!

そこに駆けつけ警護の閣議決定も加わって、
白井さんが現政権、この時代をいかに見事にばっさりと切って
新しい地平を拓いてみせてくださるか、ワオ、楽しみ!
ご参加を。

 
----------
原発とエネルギーを学ぶ朝の教室
第76回 白井 聰さん(政治学者)
 2016年11月19日(土)9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」 
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/Morningstudy.aspx

----------

2016年11月13日日曜日

11月13日


なんだか息せき切って走ったような
一週間が終わり、また新しい週が。

金曜日は首都圏反原発連合の抗議行動に久しぶりに参加。
金曜は東京を離れることが多く、
なかなか参加できなかったのですが。
冷たい風が吹く中、馴染みのお顔に多数
会えて、なんだかとても嬉しかった!

土曜日は朝早くから、釜石へ。
東日本大震災の後、「HUG&READ」でお送りした絵本を
受け取ってくださったかたがたも参加されての会だった。
ハゼと満天星ツツジの名残の深紅の葉が
目に染みた。

さて、10月の「朝の教室」は講師のかたの
事情で延期になり(春になったら、またお願いします)、
ひと月飛ばしての「朝の教室」19日(土)は、
『永続敗戦論』が大きな話題を呼んだ
京都精華大学文学部教師の白井 聡さん。

『「戦後」の墓碑銘』(新たな民主主義革命のヴィジョンを
示す。と帯にはある)も刺激的だったし、
今年4月に「現代日本政治、その劣化の起源を辿る」
と帯にある『戦後政治を終わらせる』も面白かった。

アメリカ合衆国では、「まさか」(と思ったひとも多かったはず、
わたしも僅差だろうが、ヒラリー・クリントンの勝利を信じていた)
の新大統領誕生。

それらも含めて、日本の「戦後」と「明日」についてご一緒に考えたい。


----------
原発とエネルギーを学ぶ朝の教室
第76回 白井 聰さん(政治学者)
 2016年11月19日(土)9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」 
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/Morningstudy.aspx
----------

2016年10月14日金曜日

10月14日

きょう金曜日も早朝からバタバタ。
現在22時過ぎとなって、ほっ!とひと息つきいたいところだが、まずはお詫びを。
10月29日予定だった「朝の教室」、
講師をお引き受けくださった最首 悟さんのご都合により、延期に。
以前に拝読したご著書を読み返しながら、お話を拝聴するのを楽しみにしていたのだけれど、残念。
すでに参加のご予約をいただいたかたがたには、お伝えずみではあるけれど、改めて日程を調整してお知らせさせてください。そのときは、是非ともご参加をお待ちしています!

この冬から来年5月頃まで咲いてくれるはずの花たち、その第一グループの種子蒔きを終えたのは、まだ気温が高い頃。地中温度を下げるために悩みに悩みぬいた末に種子蒔き用土の下に、冷凍庫で凍らせた保冷剤(中身は問題ないのか)をみっしりと敷いてみた。
野菜室で眠る残りの第二グループを蒔く頃には急に気温が下がりだして、大慌て。
ビオラやパンジー、アグロステンマなどの多くの花たちの発芽適温は、20℃前後だ。
外気が20℃を割る日もあって、慌てふためいた。
ひと袋に40粒前後の種子が入っていることが多いが、ハーブ類などは鼻息でも飛んでいってしまいそうな種子が何百粒も入っているものも多い。
このところずっと東京を離れる日も多かったので、ひと晩で残りの種子を蒔き終えようと頑張ったが、大好きなロベリアなどはまだ終了していない。
この土、日はまた出たり入ったりが続き、またもや深夜の種子蒔きになりそうだが、指先にだけ全神経を集中し、ずり落ちそうな老眼鏡を手の甲でずり上げながらの深夜の数時間。
案外美味だったりする。
と書いて、種子蒔きをしながらも、気になることばかりだ。
ほぼ4年後であるのに、多くのメディアは「東京五輪」の喧伝に夢中な様子。
このさき4年間、ずっと「東京五輪」は黄門さんの印籠になり続けるに違いない。
少しでも疑問を挟むもの、異論を述べるものは「非国民」のレッテル張りが控えているのか。
息苦しいこと、はなはだしい。
さらに遅すぎたかんのある夢の増殖炉「もんじゅ」の廃炉。
この間、消費された国費(税金だよ))は1兆円以上と言われている。
廃炉となれば、さらにその費用は何千億ともいわれている。原発再稼働を推進するために、トラブル続きの「もんじゅ」はこの際、切り捨てようとしたという見方もある。
どこが原発は安いのだ。
過酷事故を起こした東京電力福島第一原発の廃炉費用だけを見ても、こんなに危険で、こんなにコストの高いエネルギーはないのだ。
いまもって低コストという虚偽に、頷くひとがいまだ少なからずいるのか。
低コストという恐ろしい暗示にかかった人たちの心をノックスするには、どんな言葉が有効なのか。
今夜もまた、せっせと種子蒔きをしながら、悩むわたしになるに違いない。

2016年10月9日日曜日

10月9日

お待たせして、ごめんなさい。
10月の「朝の教室」、講師が決まりました。
ずっと講演をお願いしたいと望みながら、朝早くのご講演はご負担ではないか、
お身体をこわしたらと遠慮していたのだが……。
妙な言い方だが、「もう、待てない!」という思いで、スタッフに依頼してもらった。
講師は、環境哲学者であり、生物学者であり水俣にも深く関わった社会学者であり、
評論家でもある最首 悟さん。

1936年のお生まれでいらっしゃるから、80歳。9月に誕生日を迎えられたはずだ。
 東大教養学部の「助手時代に助手共闘」を結成されて、全共闘運動に参加。
その後も原田正純さんたちと水俣廟病の問題に積極的に取り組まれてこられた。
娘さんの星子さんが障がいがあることから、障がい者の置かれた「社会」、
その「環境」についても深くかかわっておられる。
7月に、相模原の障がい者施設で、障害のある人19人が殺害された事件の時、
最首 悟さんのお話しをじかに伺いたいと切に願いながら(新聞の記事は拝読したが)
わたしの中にはある種のためらいがあった。前述の朝早くに、ということもあるのだが。
わたしは現在は一応「健常者」を生きている。
健常者であることは多くの場合、「一時的なもの」であり、この先はわからない。
だから、障がい者に対する差別に反対するのか? 
それでは一生健常者であるなら、障がいのあるひとへの差別は見過ごすことができるのか? 
わたし自身が、この国のこの社会に婚外子として生まれたこと。
わたしは「ひとりの子ども」として生まれたのだが、
婚外子ということで、屈辱的な思いをしたいくつかの体験もあった。
が、そうだとしても、あらゆる差別に反対というわたしは、
いつ、どこで、どのようにしてわたしになってきたのか。
差別に反対するわたしの内側にも、自分も気づいていない差別の「ねじれ」のようなものはないか……。
「ねじれ」については、いつかまた記したいと思う。

 「異質」を排除する社会は、ナチスを持ち出すまでもなく、無念なことに、これからさらに
深まっていくのではないかと思う。
残念ながら、そういう社会であり、そういう政治をわたしたちは持ってしまった。
相模原事件とこの社会は、どこでどのように結びつくのか。
「異常な容疑者」の「異常な事件」として引き出しの中に片づけてはならないとわたしは考える。
この社会のどこにも、教育の場にも、ファストフードの店頭にも、匂い桜が淡い紅色の花をつけた庭にも、「事件」にはならないけれど、明らかな「差別」、その意識は蔓延していないか?
 ひとはもともと「自分」という少数派を生きて、それを生ききる権利と責任があると思うが。
そんなことをご一緒に考えたい、学びたい。
最首悟さんが書かれた『星子が居る 言葉なく語りかける重複障害の娘との20年』 (世織書房)を拝読したのは、17.8年前だったか。
「差別反対」と異議申し立てをしたこと(それも大事だが)、そこにたどり着いたことで思考を停止させず、ご一緒に考えてみよう。
わたしは何よりも自分の内側の深部と対面する時間にあてたい。

----------
原発とエネルギーを学ぶ朝の教室
第76回 最首 悟さん(社会学者、和光大学名誉教授)
 2016年10月29日(土)9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」
---------

2016年9月30日金曜日

9月30日

今日は朝からTBSラジオの生放送『有馬隼人と らじおと』に出演。
30分ほどだったが、生となると、やはり少々緊張する。
クレヨンハウス40周年のこと、大人のひとりとして、子どもたち
へ託すこと、ラジオというメディアの存在意義、新刊について、
将来の夢(そんなにたくさんの将来があるはずないが)などいろいろと質問された。
どさくさに紛れて、デモの話などもしちゃった! 
どさくさ紛れ、案外得意です。「いえ、うちも小さな子がいますから」
と若いプロデューサーとディレクターさん。
タイトルにもあるように、有馬隼人さんと安田美香さんが司会進行される番組だ。
安田さんはふたりのお子さんの母親でもあり、
クレヨンハウス発行のシリーズ「あかちゃんから絵本『まり』
(谷川俊太郎さん・文 広瀬 弦さん・絵)をスタジオにもってきてくださっていた。
「何度も何度も読み返したので」と、読み込まれたかんじのする絵本の表紙を
楽しそうに撫でておられて、発行人としては、感激!
あかちゃんから絵本」シリーズは、谷川俊太郎さんがさまざまなユニークな
「絵を描くひと」と組んでの絵本だ。
放送後、クレヨンハウスへ。
いくつかの打ち合わせをして、久しぶりにランチをとって(なかなか食べられない。
きょうのメニューの組み合わせは美味しかった)。
これから夕方~夜の部の打ち合わせが始まるところ。
秋は特に東京を離れる日が多いので、ひと月に1度ぐらいはこうして
腰を落ち着かせて、クレヨンハウスのあれこれについてスタッフとミーティングをしたり、
議論する時間がかえがたい。
明日、明後日の土、日は東京を離れる。
土曜日は午前中は都内、午後は近間だが、日曜は遠出だ。

ところで、この6月にローマ市長に就任したヴィルジニア・エレーナ・ラッジさん。
21日に会見を開いて、2024年夏季五輪の招致を断念する考えを明らかにした。
五輪やスポーツに反対する理由は無いが、これ以上、市民や国民に借金を
負わせたくないこと、五輪を理由にローマ市内に大量のセメントを流し込むことにも
反対だとコメントした。
五輪開催は過去の例を見ても予算超過が多く、ローマにはそれだけの財政上の
余裕はない、とも表明。
むろん人気取りとかポピュリズムといった反対の声もあるが、そもそも市長選に
立候補した時から彼女はローマ五輪反対を挙げていたのだから、
公約違反には当たらない。
2024年の招致をめぐっては、ボストン(アメリカ合衆国)とハンブルク(ドイツ)も
すでに招致活動から撤退した。

ラッジ市長は38歳の女性だ。
意志的な顔立ちの凛々しい印象のひとだが、彼女の動向を報道するとき、
枕言葉のように使われる「美人市長」という表現も、なんだかなあ。
いうまでもなく大事なのは、公僕として市民のために、どんな思想と姿勢と
ビジョンを持ち、それをどう実行していくか、であるのだから。
確かに生き方は表情やしぐさや言葉に洗われるが、単純に外見を云々するのは、
なんだか品が無い。

2016年9月29日木曜日

9月29日

29日夕方にこれを書いている。
今日は朝から打ち合わせやインタビューが続き、15時過ぎにクレヨンハウスに出社。
やらねばならないことがたくさんある。
その「ねばならない」ことの中で歓迎したいのは、
この冬から来年のゴールデンウィークぐらいまでに咲いてくれる花の種子まき。
大半はわが家の冷蔵庫でまだ眠っている。
数日間、外気温がさがったとき、それっとばかり種子まきを始めたが、
そのあと、また高温が続き、一度中断。
秋まきの種子は、気温が20度あたりになったときが、最も発芽率が高い。クーラーを利用すれば、人工的な20度空間を作ることは可能だが、
2011年3月11日以降、節電につとめているので、クーラー使用はなし。
例年なら9月の2週目あたりから、20度とは言わないまでも、
種子まき床の下や周囲に大小さまざまな保冷剤をセットして、気温を下げていた。
保冷剤もまた、成分に問題あり、のものもあるだろうが。
あと数日で、第2グループの本格的種子まきが再スタートできるはず。
冷蔵庫の野菜室のなかの、「顔写真」つきの種子袋を見ながら、思う。
来年、新年早々に選挙があるのではないか、という噂が飛び交っている。
さあ、どうする!!!!!